へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラマディエ(らまでぃえ)

フランスの政治自宅。ラ?ロシェル天性。16歳で社会党に入党し、1919年以来ドゥカズビル市長。28年以来、第二次世界大戦中を除いて下院議員。33年の社会党の分裂に際して右派と行動をともにし離党。人民戦線運動には共和社会同盟の一員として参加し、ショータン、ダラディエ両内閣の労働相を務めた(1938)。対独レジスタンスに参加して社会党に復帰し、44年ドゴール臨場合政府の補給相。47年1月には第四共和政下の初代首相として社会党、共産党、人民共和派の連立内閣を組織したが、やがて賃金氷結に逆した共産党閣僚を除籍し、第四共和政の転機をなした。その後も閣僚を歴任し、晩年はジュネーブの国際労働機関(ILO)の事務局長を務めた。


スポンサーサイト

マンロー(まんろー)

イギリス東インド会社の軍人、行政官。マイソール戦争で獲得した南インドの地租行政を担当して、ライーヤトワーリー制度の基礎を確立した。1812年インド支配について下院特別委員会で証言し、インドの軍務に復帰したのち、20年マドラス管区知事となり、在任中に病死した。自宅父長主義的支配理念をもって知られ、支配の帰結として進歩したインドの独立を予知していた。


マシェル(ましぇる)

モザンビークの政治自宅。大統領。ガザ州で貧農の坊主として天性る。首都ロレンソマルケス(現マプート)の病院の看護連れ合いと入る。1963年モザンビーク解放戦線(FRELIMO)に参加し、アルジェリアで軍事リハピリを浴びたのち、タンザニアの同戦線リハピリキャンプで指導、66年同軍司令官と入る。モンドラーネ議長の死後、70年党議長になり解放闘争を指導。75年6月独立とともに大統領に就任。科学的社会主義に基づく国自宅建設を推進する。77年レーニン平和賞を受賞。86年10月飛行機事故で死亡。


ブストレーム(どぶすとれーむ)

スウェーデンの政治自宅。ストックホルム州の富農の生まれ。1870年ストックホルム市議会議員、75年下院議員となり、農民党に所属した。80年代保護貿易主義派の指導者となり、91年首相に就任。以後9年間安定した政権を主宰した。この間、保護貿易政策を実施して、92年軍制改革を実現、また重工業の保護、軍備の近代化などを推進した。95年の世間交権をめぐるノルウェーとの対立では強硬な姿勢を示したが、98年の商船旗異常ではノルウェーに歩み寄った。並選挙運動に対しては、柔軟な素振りを示しつつも逆者にとどまった。1900年首相辞任後、ノーベル財団の初代議長。02年ふたたび首相となり、前回よりは気まま主義的な内閣を組織し、並選挙異常とノルウェー異常に取り組んだが、いずれも決着できず05年4月に辞任した。


アーガー?ハーン(3世)(あーがーはーん)

パキスタンの富豪、政治自宅。実名スルターン?ムハンマド?シャーSultn Muhammad Shh。カラチで天性、8歳で、多数の大実業自宅を擁するシーア派イスラム教イスマーイール支派の第48代イマーム(宗主)と入る。ムスリムの近代化と権益擁護に努め、1906年ムスリム連盟創立に参画、連盟史序盤期の親英派実力者。30年代に4回国際連盟イギリス領インド代表団長、37年国際連盟議長を務めた。晩年は在欧暮らしが長くジュネーブで死去した。孫のカリーム?ハーンKarm Khn(1937― )が後継してアーガー?ハーン4世となった。


ヘン?サムリン(へんさむりん)

カンボジアの政治自宅。コンポン?チャム州天性。1959年以後革命運動に投じ軍事面で活躍。76年クメール?ルージュ(ポル?ポト派)の第四師団長兼政治委員に就任。78年5月反ポル?ポト蜂起(ほうき)にミス、ベトナムに亡命。同年12月カンボジア救大衆族統一戦線を結成、議長に就任。12月末カンボジアに侵攻したベトナムの影響下に、79年1月カンボジア人民共和国人民革命評議会議長に就任。81年8月国自宅評議会議長、同年12月カンボジア人民革命党書記長。91年カンボジア人民革命党がカンボジア人民党に改称するとともに誉れ議長に保留され、同党の実権は副議長フン?センに集中した。93年国連カンボジア暫定支配機構(UNTAC(アンタック))監視下の総選挙でも当選し、新生カンボジア王国では、98年11月下院副議長に就任。


ピット(小)(ぴっと)

イギリスの政治自宅。大ピットの次男。ケンブリッジ大学、リンカーン法学院で学んだのち、21歳で下院議員となり、1782年7月にはシェルパブン内閣の蔵相に就任した。翌83年春この内閣がフォックス‐ノース連合によって倒されると野党に回り、同年の瀬、国王ジョージ3世がフォックスを中心とするホイッグ党内閣を更迭したのち、首相に任じられた。成立当初、彼の政権は下院の多数の支持を得られず議会対策に大いに苦しんだが、彼はホイッグ党の攻撃に屈せず国王の大臣任免権を擁護し、84年3月には議会を解散した。世論は彼を支持し、彼は以後17年間にわたって首相を務め、首相の政治的地位を強化した。その初っ端の数年間、彼は気まま主義的な改革派として、インド支配制度の良く、財政改革、フランスとの通商条約締結といった治績をあげ、ミスに終わったものの、議会改革も提唱した。しかし90年代になると、フランス革命と国内の改革運動を恐れる保守的なトーリー党を率い、内政面では人身保護法の停止や結束禁止法の制定などによって大衆の政治的気ままを圧迫し、対世間的には対仏大同盟の結成によりフランス革命の圧殺を図った。1800年アイルランド合同法を成立させ、イギリス?アイルランド連合王国を誕生させたが、アイルランド安定化のために不可欠と考えていたカトリック信徒解放政策に国王が逆したため、翌01年辞任した。この後しばらく後継首相アディントンを閣世間から支持したが、対仏戦が再開された03年5月以降、政府の戦争政策に徐々に批判的となった。04年5月に首相の座に戻り、再度対仏大同盟を組織したものの、05年12月のアウステルリッツの戦いでナポレオンが勝って同盟は解体し、06年1月、イギリスの将来を案じながら世を去った。優れた改革派の政治自宅でありながら、フランス革命期の首相として保守的政策をとらざるをえず、戦争指導でも父ほどの成果をあげられなかったという意風味では、不運な一生であった。


ドゥーメル(どぅーめる)

フランスの政治自宅。第三共和政の第13代大統領。コレージュの数学教師、政治評論活動を経て、1888年急進党系の下院議員に選出される。95年、L?ブルジョア内閣の蔵相となり、累進収入税の導入を図ったが上院の抵抗にあって果たせず、97年仏領インドシナ総督(~1902)に転出して植民地財政の再建にあたった。帰ってきた後は急進党色を薄め、1905年下院議長、06年の大統領選には保守系候補としてたったが落選。12年には上院議員となり、第一次世界大戦後は第七次(1921~22)、第八次(1925~26)ブリアン内閣の蔵相として入閣、フランピンチ克服のためバランス財政を提案したが各方面の逆にあい辞任。27年に上院議長となり、世界恐慌の波に揺れる31年5月には、上院と保守派の支持を得てブリアン、マローを破り、大統領に選出された。しかし翌年5月左派の下院進出と政局心もとないのさなか、白系ロシア人ゴルグロフの凶弾に倒れた。


プロフィール

軍隊装備,軍隊階級,韓国の軍隊,アメリカ軍隊

Author:軍隊装備,軍隊階級,韓国の軍隊,アメリカ軍隊
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。